植物の数が多すぎて困ります

私の母は植物が大好きで、暇さえされば庭の植物の世話をしています。
母が育てている色々な種類の花が庭で綺麗に咲いている時は、あまり植物に興味が無い私でも見ていて癒される感じがします。
毎日欠かすことなく数時間水やりをしている姿を見ていると、母が日頃健康なのは常に動きまわっているからじゃないかと思います。
ずっと元気でいてくれたら嬉しいですし、母も幸せそうなので文句を言うつもりもありません。
ただ、問題がないわけではありません。
園芸店にしょっちゅう行っては新しい鉢花や観葉植物を買ってくるので、置く場所が無くなってしまっています。
限度という言葉を知らないかの如く、気にいってしまったら購入してしまうみたいなのです。
他に趣味の無い母ですから、好きな様にやらせてあげたいとは思いますが増えすぎていることに私は正直困っています。
このままでは部屋の中にまで植物だらけになりかねません。
どうにかしなければいけないと先日家族会議を行いました。
母のやることに何も口出ししない父がさすがに今のままではまずいと思ったのか、これ以上は増やさないように母に言いました。
母はあまり納得はしなかったみたいですが、渋々了承してくれました。
これでこれ以上は悩まされないなと私は安堵していたのですが、母がちょっと可哀相にも感じてしまいました。
先日母の誕生日に私は凄く小さな桜の盆栽をプレゼントしました。
とても小さいので母の部屋で春になったら桜が咲く姿を見ることが出来ますし、場所もあまり取りません。
母はとても喜んでくれて今朝も桜や沢山の植物の世話にと頑張っています。

本音を言えば庭にある植物の数を少し減らして欲しいですが、とりあえず増え続けていた問題が解決して良かったなと思っています。