どうやら小学校跡地に住宅地ができるらしい

近所の小学校、数年前に別の場所に新校舎を建設して移転してしまった。
それで昨年の秋頃から旧校舎を重機で解体し、今は平地となっている。

 

風の便りでは学校跡の土地は緑地公園になると聞いていたのに、先日散歩中に横を通りかかったらニュータウンというのか、
ちょっとした住宅地ができるという看板が立ててあった。
不動産会社とか建設業者の安全管理体制の説明書きまで表示してあったので既に決定事項なのだろう。
心の中で「こんなところに家が建つのか」と思ってしまった。そう思う理由は、実は小学校ができる前は墓場だったからである。
戦前とか戦時中の話らしいけど、学校が街の端っこの不便な場所にあったのに対し、
墓場が立地条件の良い街のど真ん中にあるのはおかしいという声が多くなって、
それで墓場を無理矢理移転させて小学校を建てたと祖母から聞いていたし、私が子供だった時に小学校の校長先生から全く同じ話を聞いたことがある。

 

だから小学生の時は夕方になると「お化けが出るから早く家に帰りなさい」と先生に驚かされたし、
5年生、6年生になると夏休みに1回だけ学校で寝泊まりするイベントがあったのだけど、
4人1組で懐中電灯を持って深夜の校内を肝試しするのは本当にリアルな恐怖感があった。

まあ私は家を買わないから良いのだけど、そこで家を買おうと思っている人がそんな話を聞いたらどう思うのだろう。
これはどれだけお化けを信じているかということもあるし、今は信じない人の方が多いかも知れないから、もしかしたらあまり関係ないかも知れないね。
オバケのQ太郎なら犬を飼っていれば大丈夫だし、そんなに心配することもないか。たぶん。